ウォーキングの装備              更新日:2005/2/14

 江戸時代の旅人の平均移動距離は一日に、男性で30〜40km、女性で20kmくらいと
 云われます。電車、自動車でなまった現代人の足にはきつい距離ですが、すばらしいグッズ
 が助けてくれます。
 また、このサイトを作成するにあたって使用している装備なども紹介し、実際に使って良かった
 おすすめのものなど、評価も併せて紹介いたします。
 なにせ歩き旅、装備は最小限に効果的なものにしたいものです。
 
評価は  :万人にお薦め    :お薦め。人によってはニーズが合わないかも
       :普通。         :失敗したもの。
 
<ウォーキングシューズ>
 (乙) アシックス フィールドウォーカーIGS
 「第29回伊賀街道」から使用。ウォーキング協会推薦の
靴だけあって、適度な重さが足運びをスムーズにしてくれる。
靴底も堅さがあり、不整地でも比較的安定しているが、
 山道、勾配のきつい街道にはあまり適さない。 
 でも、初使用でいきなり50km以上歩けました。
 ゴアテックスを使ってあり、小雨程度なら雨水がつま先に染み
こまない。
 平坦な道を歩くときには一押しの靴。 ただし足の形は人それぞれなので自分の足
 に合った靴を探してください。
   中辺路への3泊4日の歩き旅に使いましたが、この靴は通気性が悪く、一日履き終わると
 つま先、甲のあたりが湿っている。ティッシュを入れて一晩おいてみると、湿気をだいぶ吸っ
 ている。 雨天の防水には信頼がおけるが、少し高くてもゴアテックスなど通気性のあるもの
 を選んだ方が良いと思う。


 (乙) アシックス フィールドウォーカーBFMT
  くるぶしまであるハイカットのトレッキングシューズ。アシックスの靴では1万円を切る
 価格の安さも魅力。 登山の装備が必要と云われる「小辺路」用に購入。「第28回高野
 山町石道」から使用。舗装されていない山道、勾配の多い道にはトレッキングシューズが
 適している。
 アシックス ウォーキングスクエア

 (丙) ミズノ FreeWalk
 ミズノウォーキング製品一覧
 「第7回山陰道」から使用。バーゲンで5千円くらいで買ったもの。お伊勢詣りもこの靴で
 行きました。 靴底が減ってきたので、大阪市内のウォーキング用に降格。
 アシックスのフィールドウォーカーと比べて、靴底の厚さ、クッション性に劣るが、その分
 重量も軽く、まだまだ使える。
 
 (丁) GTホーキンスのトレッキングシューズ
 「第6回粉川街道」で、中敷きの組み合わせも悪かったのか、足裏に5cmを越えるひどい
 マメができてしまい、熊取町のあたりで遭難しそうになった。
 特に靴としての特長的な機能はなく、概観はトレッキングシューズだが、外見だけで安易に
 選んではいけない実例だった。

 (?) わらじ
 スポーツ用品店で、沢歩き用に売っている。2つ買っているが未使用。
 経験者のサイトからの情報では、クッション性がないのでアスファルト道はつらいらしい。
 そのかわり通気性が抜群なのは、見たまんまである。

<ステッキ>

 (甲) T字型のハンドグリップの無段階調節式のステッキ
 どこの製品か分かりませんが、登山用品店で売っているようなステッキです。
 バーゲンで2千円 くらいで 買いました。
 使い始めは足運びとステッキがうまく連動せず、使いづらいかもしれません。 
 しかし、歩行中の腕の動きを推進力の一部に変換でき、航続距離が1〜2割
 伸びます。
 また、登坂での推力アップ、下り坂でのブレーキにと威力を発揮します。
 未舗装の道では、これで地面を突く振動で、蛇避けにもなるらしい隠れた性能
 もあります。

<靴下など>
 (乙) 3Mウォーキングテープ 足裏用
 25っmx9mで500円くらいする。 しかし、マメ対策には必須のアイテム。
 これと五本指靴下の併用でマメ対策は完璧。

 (丙) 五本指靴下
 シルク素材がいいらしい。足指のマメ対策には効果がある。
 これと薄い合繊の靴下の二重履きの組み合わせが良い。
 ただし、靴のサイズとのかねあいで足が窮屈になってしまうと思わぬところにマメができてしまうので、
 靴下と靴の組み合わせは試行錯誤のうえ、最適の組み合わせを探したい。

<音楽プレーヤー>
 (乙) CD・MP3コンパクトプレーヤー
 のどかな農村風景や街道風情のある場所は、音や光も満喫したいものだが、いかんせん街道は
 交通量の多い国道と重なることがよくある。 何時間も車の通過する騒音にさらされるのでは気分も
 台無し。 そこで音楽を聞きながら歩く。 カーステレオならぬマンステレオである。
 選択の基準は、計量・コンパクト、 バッテリーの持続時間、音楽の容量、この3点である。
 この条件に合致したのが、CD・MP3プレーヤー、パナソニック SL−CT800 (販売終了品)。
 パソコンで取り込んだMP3形式の音楽をCD−RW、CD−Rに入れて再生できる。一度の充電で
 38時間持つので、2泊3日くらいなら予備バッテリーなしでも携帯できる。
 新製品は200時間以上もバッテリーが持続するので申し分なし。MP3なら一枚のディスクにCDが
 10枚分くらい入るので、徒歩旅行のときなどには2,3枚あれば十分だろう。
 コンパクトCD・MP3プレーヤーは形状はCDプレーヤーと同じで、ディスクを回転させ音楽データをいったん
 メモリに取り込んだあと回転を止めるので、メモリプレーヤーに準ずるくらいに耐衝撃性もあり、ウォーキング
 程度の揺れなら使用上問題はない。 価格は1万円強。

 歩行時に聞く際の選曲は、歩くテンポにマッチしたものを選ぶ。へたり気味だった歩調が曲によって
 ペースメーカーとなりよみがえる。 自分の音楽の趣味から楽しみながら試行錯誤して見つけましょう。
 ちなみに私は、ウォーキング始めの頃に、矢井田瞳、アラニスモリセットを聞くと、スキップするくらいの勢い
 でテンポよく歩距離が伸ばせます。
 後半のへたり気味、登坂できついときに、軍歌を聴くと膝がちゃんと上がり歩調をとって疲れが吹き飛ぶ
 のが不思議です。「歩兵の本領」など行進曲系がウォーキングには最適ですが、森重久弥がしみじみ歌う
 「戦友」には歩調もとぼとぼとなったりします。 コロンビア 『ああ日本の軍歌 1〜5』 を聞いています。
 街道沿いのお墓には「故陸軍歩兵伍長@@@」のような、先のとがった神道式の墓石をよく見かけますが、
 当時の国民の義務である兵役に就き、国難に殉じた英霊の方々に感謝と鎮魂の思いで墓前に手を合わ
 せるのは日本人として自然なことだと思います。
 
 国道は歩道がわずかな幅しか無いところがありますので、音楽を聴きながら歩くときは右側を歩き、車両の
 接近が分かるようにする必要があります。
 旧道の峠道が行き止まりで、やむを得ずトンネルを歩く時がありますが、薄暗い上に、漏水のしたたる音など
 が不気味に反響し、車両が通れば爆音になります。 無間地獄を彷彿とさせる、そんなコワイトンネルでも
 音楽は効果があります。
 この世のものでないものが見えたり触れたりしない限り、歩兵モードでは無敵の状態で歩けます。

<万歩計>

 自動車の走行距離計の人間版。 疲労度と歩行距離は体調によっても
正比例しないので、 毎回これで記録を取って目安や励みにする。
歩数が分かれば十分だが、消費カロリーが表示 されるものを愛用。
さらに高機能な万歩計もあるが大きかったり重かったりすると、なにかの拍子
に落としてしまいそう。 軽くてコンパクトなものを選びたい。
センサーがひとつの物を使っていたが、坂道、階段などではカウントしない
ケースがあった。サイトに記載している歩数は正しくない可能性がある。
第35回、紀伊路・中辺路の回から左の写真にある万歩計を使用。




<リュックサック>
 ユニクロで2000円くらいで買い求めたものを愛用。背当てが立体的になっているし、ポケットの数、
 レイアウトも必要十分。 両側面に網のポケットがあるが、ここにステッキ・傘、反対側にペットボトル・
 携帯灰皿を入れるなど、歩きながらある程度用が足せるものをポイントに選ぶと使い手がよい。 
 そこそこの防水性も必要だが、これは防水シリコンスプレーで処理可能。
 スポーツ用品店には高価なリュックサックが売ってあるが、未知のゾーン。

<フロントバッグ>
  財布など貴重品をリュックに入れるのは、不用心だし出し入れが不便。
 そこでこれを斜めがけにして歩きながらアクセスできるようにする。
 財布、地図、メモ帳、ペン、たばこ、ライターを入れる。
 






<リュックの中身>
 ウォーキング終了地点の駅の近くに、うまい具合に銭湯があればもう最高。『銭湯開始!』と突撃する。
 汗を流せばさっぱりするし、 こわばった足の筋肉を大きい湯船でゆったりとくつろぎながらマッサージ
 すると、足もヨロコブ。 そこで、下着、靴下、できれば替えのシャツ。シャンプー、石けんは旅行用の
 コンパクトなものを用意。
 風呂をあがって脱衣場で飲むコーヒー牛乳のうまいこと。この贅沢が100円で買えるなんて。
 まさに至福の瞬間。

<デジタルカメラ>

 カシオ Exilm M1
 100万画素、音声付き動画が記録できる。特長はなんといってもその薄さ、軽さで、ネックストラップを使って
 素早く取り出して撮影できる。手軽なカメラ。バッテリーもスペックでは連続撮影時:約1時間20分(約480枚)
 となっているが、まる一日の撮影に余裕でもつ。 充電を忘れて起動したら既にバッテリー残量の警告が出て
 いたことがあったら、より電池を消費しないVGAサイズに設定して、撮影したらすぐに電源を切るやりかたたで
 一日分の撮影ができたこともあった。
 しかし、木陰など光量の少ないシーンでは手ぶれが起こりやすかったり、実際の光景より色彩がぱっとしなかったり
 するケースもある。
 このサイトに掲載してる写真の大半(2003年の初瀬街道・お伊勢詣りから使用)はコレを使ったもので、それ
 以前の写真はSONY F55を使っている。
 
 そして、第40回以降は、コニカミノルタのDimage X50を使用する。500万画素のモデルだが、1600x1200で
 撮影し、それをリサイズしてサイトに掲載するが、はたして写り具合はどれくらい改善されるのかが楽しみ。

<地図>

  昭文社 文庫判 近畿圏 大阪・神戸・京都・奈良・大津・和歌山・姫路 1400円
 街道歩きには国土地理院の1/25000 がベストだが、歩きながら道を確認したり、書き込みしたりするには
 やはり文庫本サイズがとても重宝する。続きのエリアが地図の四辺に該当ページ番号が明記されているので、
 道を連続して参照するにも便利。
 近畿中心部の街道歩きにはかなり使える。
 事前に調査したルートを、消せる色ボールペンで記しておき、実際に歩いたときに修正する。
 縮尺が統一されているので、ページ単位で歩行時間の目安がわかり、目的地点と残りのページ数で日暮れまで
 のおおよその時間に見当を付けたり、目的地点を変更する際に鉄道駅までのアクセスから参考にしたりと、必須
 の地図。
 ウォーキングガイドブックには簡単な地図しか載っていない場合も多く、この地図との併用がお薦め。
 


 昭文社 でか字まっぷ 奈良 大和路 1000円
 横大路、竹内街道、長尾街道、上ツ道、葛城古道など奈良の街道歩きにはこれがいい。

 でか字まっぷ 京都 もある。








 上記の地図でカバーしていないエリアにはコレ!
 プロアトラスW3 西日本版
 ソフトが提供する印刷機能だと、ディスプレイに表示されるような
 詳細な地図は印刷されない。
(携帯マップ作成方法)
 1)1/25000レベルで表示する。
 2)『ズーム』機能で、表示エリアを拡大させ、横が7,8km、
   縦が4,5kmに収まるように範囲指定をする。
 3)『ズーム』を100%に戻し、プルダウンメニューの「編集」→
   「コピー」→「指定した範囲の画像」をクリック。
 4)ペイントショッププロ(PSP)など画像編集ソフトでコピーした
   画像を展開し、新規用紙に貼り付け、印刷する。
 普通紙より上のものを使い、高精細設定で印刷しないと、山中の林道などは見えなくなる。
 市販の地図と違い、距離のメモリが表示されないのでペイントショップで編集の際に自分で書き入れると便利。
 街道名と連番を書き入れて、3つ折りにしてフロントバッグに入れる。

 三重県の携帯地図は販売されておらず、近畿圏でもカバーされていない地域を歩くときには必須の地図。
 事前にルートを赤鉛筆で記入し、実際の街道で修正を施したり、通過地点での時間、万歩計のカウンタを記入する
 などメモ代わりにも気兼ねなく使える。